横浜市鶴見区の小さなアートギャラリーです。
『アートをもっと日常に』をテーマに、ひと月にひとつの展覧会を開催しています。

旧「かねこ・あーとギャラリー」(京橋) → 「KANEKO ART TOKYO」(岩本町) が40年余りの歩みを終え、横浜・川崎地域に移転いたしました。
現代アートの抽象作品を中心に展示しています。
ふだんアートになじみのない方にも親しみやすい内容の展示を心がけております。
 
10月9日(金)から26日(月)は「相澤秀人 展」(レリーフ・立体)を開催いたします。
 コロナ禍において制作に取り組んだ最新作を含む、新作24点の展示です。
 作家・相澤秀人さんの在廊は、17日(土) 15時~、24日(土) 15時~の予定です。
11月6日(金)から23日(月)は「塩見章 展」(水彩)を開催いたします。
 ブラン・ヴァン・ヴェルデのリトグラフ作品を、合わせて展示いたします。
■「徳永雅之」の作品リスト(paintings)をアップロードいたしました。
 PDFにてダウンロードが可能です。
 ご購入・お問い合わせはメールにてお受けしております。
 
□ギャラリーへのアクセスは、こちらをご覧ください。
 JR川崎駅からのバスが便利です。JR・東急武蔵小杉駅からもバスでお越し頂けます。
□会期中は(金)・(土)・(日)・(月)オープンしています。
 (火)・(水)は予約制にて開廊いたします。ご予約はメールにてお受けしております。

 

相澤 秀人 (Hideto AIZAWA)
レリーフ・立体 (Relief and Sculpture) 

相澤秀人さんは2008~2013年、四谷アートステュディウムに在籍され、若きアーティストの方々と積極的に交流し、学生と共に制作・発表の活動を行なうなど、新しい試みからのエネルギーを自身の内に涵養することに取り組まれました。
 
今回展示の一連の新作(2019~2020年 制作)は、それらの成果の一端でもあると同時に、これまでの制作の地続きにある、ひとつの転換点に生み置かれた作品群でもある、と言えると思います。
 
そして現在進行中のコロナ禍において制作された最新作は、いずれもアーティスティックでありながら、且つアートが人に問いかけるものの本質が強く滲み出ている作品でもあり、見る人に大きな力を与えます。
 
一人の作家の変貌の一過程を見つめる意味でも、興味深い展示になると思われます。ぜひ多くの皆さまにご覧頂きたいと思います。

 
 
「Role of color」(2019/11)
23.0×15.5×8.0cm  wood/acrylic

哲学的工作少年、私は私をそのように描写してみる。
私の行為は美術というより工作が相応しい。
試行錯誤のすえゼロ状態の脳髄に訪れる思考の脈絡から逸れるような着想。
それに苦しみ、それを楽しむ。
エピクロスの原子の逸れのように思考をジャンプして躍り出る作品が、私たちの生きる世界を了解するボロメオの輪であることを願う。
相澤秀人

Reliefs (レリーフ作品) Part-1

  
  
 

Reliefs (レリーフ作品) Part-2

  
  
 

Sculptures (立体作品) Part-1

  

Sculptures (立体作品) Part-2

  

2020年10月 kaneko art gallery 展覧会予定
        10/1 3
         休み (展示準備) (展示準備)
4 5 6 7 8 9 10
(展示準備) (展示準備)  (展示準備)  (展示準備) 休み 相澤秀人展
(初日)
15時~
作家・相澤秀人
在廊
相澤秀人展
11 12 13 14 15 16 17
相澤秀人展 相澤秀人展 予約対応可

×14時~16時
 予約対応枠
空き無し

×10時~13時
×13時~19時
 休み 相澤秀人展 相澤秀人展
15時~
作家・相澤秀人
在廊
18 19 20 21 22 23 24
相澤秀人展  相澤秀人展  予約対応可  予約対応可  休み  相澤秀人展  相澤秀人展
15時~
作家・相澤秀人
在廊
25 26 27  28 29  30   31
 相澤秀人展   相澤秀人展
(最終日)
(展示準備) (展示準備) 休み  (展示準備)  (展示準備) 
       
       ◆「相澤 秀人  展 - Relief and Sculpture - 」
 レリーフと立体の新作による展示
  10月9日(金) ~ 10月26日(月) 
  会期中 (金)・(土)・(日)・(月)  12:30~18:30 開廊 (火)・(水)予約対応可

<ギャラリーへのアクセス>
JR川崎駅西口からバスで10分強、バス停からは徒歩3分ほどでお越しいただけます。JR・東急武蔵小杉駅からはバスで30分前後です。
JR鶴見駅からのバスは本数が少ないのでご注意ください。

 

(1)JR川崎駅西口より
58番のりば/臨港バス・川55系統または川54系統
「横須賀線武蔵小杉駅」行き、ほか全てのバスがご利用可能です。
「江ヶ崎八幡」(えがさきはちまん)バス停 下車 徒歩3分ほど
 
(2)JR南武線・東急東横線 武蔵小杉駅より
東口バス 1番のりば/臨港バス・川55系統「川崎駅西口」行き
「江ヶ崎八幡」バス停 下車 徒歩3分ほど
 
(3)JR横須賀線 武蔵小杉駅より
横須賀線口バス 3番のりば/臨港バス・川55系統「川崎駅西口」行き
※(2)を経由して、同じルートのバスになります。
 
(4)JR鶴見駅東口より
1番のりば/臨港バス・鶴11系統「江ヶ崎」行き
「東電研究所前」バス停 下車 徒歩1分ほど
JR鶴見駅からのバス時刻表はこちら(※臨港バスのホームページに飛びます)

所在地:横浜市鶴見区江ケ崎町13-2 (2F-A)
メールアドレス:kaneko.art.g@gmail.com