横浜市鶴見区の住宅街にあるアートギャラリーです。
『アートを生活の中に』をテーマに毎月企画展を開催しています。
 
旧「かねこ・あーとギャラリー」(京橋) →旧「KANEKO ART TOKYO」(岩本町) が40年余りの歩みを終え、
こちらの横浜・川崎臨海地域に移転いたしました。
取り扱い作品は、現代アートの抽象作品が中心です。
「生活の中でもアートを楽しみ、アートを感じる」ことが出来るような作品をセレクトして展示・販売しております。
 
徳永雅之 展 「粒子の向こうへ - Beyond the particles - 」は5/24(月)終了いたしました。
 会場又はオンラインにて多くの皆さまにご覧いただけましたこと、心より感謝申し上げます。
■6/4(金)から7/5(月)まで、常設展を開催させていただきます。
 「ヨコハマ・アートナビ」にも情報を掲載しております。
■ギャラリー通信・春号 (From kaneko.art.g 2021/spring) はこちらからダウンロードいただけます。
 
□ギャラリーへのアクセスは、こちらをご覧ください。
 JR川崎駅からのバスが便利です。JR・東急武蔵小杉駅からもバスでお越し頂けます。
 徒歩にての最寄り駅は、JR南武線・矢向駅または尻手駅となります(徒歩15分強)。
□会期中は(金)・(土)・(日)・(月)オープンしています。
 (火)・(水)は予約制にて開廊いたします。
 (ご予約可能なお時間帯は、カレンダーをご確認ください。)
 ご予約はアポイント間違い防止のため、メールにてご連絡いただければ幸いです。

エアーブラシを用いたペインティング・ドローイングによって、淡い光と共に在る幻想のような世界観をベースに、画面の外へ奥へと広がっていく空間性のある絵画を描き続ける現代アーティスト・徳永雅之。
作家としても円熟期に入りつつある徳永だが、自身のスタイルを持ちながらもそれを固定することなく、更なる変化を目指しながら独自の絵画を追求し続けている。
エアーブラシによる制作に新たな絵画の可能性を感じ、初期より一貫してその制作方法に従事しながら、彼がいま見い出しつつあるものは一体何だろうか。
茫洋とした光景の中に、ふと鏡に映したかのように自身の感情や忘れていた記憶を思い出すことがある。
それが徳永の作品を観るときの、もっとも魅惑的な瞬間ではないだろうか。
kaneko art gallery

img_2911_-_2.jpg img_2910_-_2.jpg img_2909_-_2.jpg img_2815_-_1.jpg img_2881_-_1.jpg img_2919_-_2.jpg img_2921_-_2.jpg img_2918_-_2_-_1.jpg

徳永 雅之 (Masayuki TOKUNAGA)

長崎県佐世保市・出身。美大卒業後、1991年より発表を開始。
以後、継続的に個展開催・グループ展参加。
(パブリックコレクション・著書等については作家ホームページをご覧ください)
 
(関連ページ)
・2020年6月 「オープニング展 - Ⅰ」 → archives・20200605
・2020年7月 「オープニング展 - Ⅱ」 → archives・20200710
・2020年12月 「2020冬 セレクション展」 → archives・20201204
・2021年1月~2月 「セレクション・二人展(相澤秀人・徳永雅之)」 → archives・20210108
・作品リスト (ペインティング・ドローイング) → List & Leaflet Page
・作家ホームページ → 徳永雅之・公式ウェブサイト

2021年5-6月 kaneko art gallery 展覧会予定
5/23 24  25 26 27 28 29
徳永 雅之 展
*14時~
作家在廊
徳永 雅之 展

最終日
作業日 作業日 休廊日 - -
30 31 6/1 2 3 4 5
- - 作業日 作業日
休廊日

常設展 初日
(~7/5)

常設展
6 7 8 9 10 11 12
常設展 常設展 予約可 予約可
休廊日

常設展 常設展
13 14 15 16 17 18 19
常設展 常設展 予約可 予約可
休廊日

常設展 常設展
20 21  
常設展 常設展 会期中(金)・(土)・(日)・(月) 12:30~18:30 開廊
※(火)・(水)は予約制にて開廊(12~19時可 メールにて受付)
※(木)は休廊日です。

<ギャラリーへのアクセス>
・JR川崎駅西口からバスで10分強、バス停からは徒歩2分ほどでお越しいただけます。
・JR・東急武蔵小杉駅からはバスで30分前後です。
・JR鶴見駅からのバスは本数が少ないのでご注意ください。
 
(1)JR川崎駅西口より
58番のりば/臨港バス・川55系統または川54系統
「横須賀線武蔵小杉駅」行き、ほか全てのバスがご利用可能です。
「江ヶ崎八幡」(えがさきはちまん)バス停 下車 徒歩2分ほど
 
(2)JR南武線・矢向駅または尻手駅より
矢向駅からは徒歩15分ほど、尻手駅からは徒歩17分でお越しいただけます。
案内図の下にGoogle Mapを配置してありますので、スマートフォンでのナビにご利用ください。
 
(3)JR南武線・東急東横線 武蔵小杉駅より
東口バス 1番のりば/臨港バス・川55系統「川崎駅西口」行き
「江ヶ崎八幡」バス停 下車 徒歩2分ほど
 
(4)JR横須賀線 武蔵小杉駅より
横須賀線口バス 3番のりば/臨港バス・川55系統「川崎駅西口」行き
※(3)を経由して、同じルートのバスになります。
 
(5)JR鶴見駅東口より(※バス本数が極めて少ないですので、ご注意ください)
1番のりば/臨港バス・鶴11系統「江ヶ崎」行き
「東電研究所前」バス停 下車 徒歩1分ほど
JR鶴見駅からのバス時刻表はこちら(※臨港バスのホームページに飛びます)

所在地:横浜市鶴見区江ケ崎町13-2 (2F-A)
メールアドレス:kaneko.art.g@gmail.com